専売用商品モール間在庫連動について

このページでは、専売用商品品の各モール間で在庫連動させる方法についてご説明いたします。

専売用商品の詳細はこちら⇒

専売用商品モール間在庫連動の必要性

併売用商品であれば、Amazonの在庫数ベースでYahoo、楽天、auPAYの各モール間の
連動が行われるので、大きな問題になることは少ないと思います。

ですが専売用商品の場合は、Amazonのように在庫数のベースとなるデータがありません。
そこで、各モール間の在庫数=自己発送できる在庫数を入力していただくことで、
どのモールで販売があっても、全てのモールの在庫数を同一に保つようにする機能が
クロスマにはございます。

専売用商品モール間在庫連動の設定方法

まずは専売用商品の出品モール毎の在庫数を統一してください。
該当商品の「各モール商品情報設定欄」の各モールタブをクリックして、
固定在庫数をご入力ください。完了しましたら「編集内容保存」を行っていただきまして、
「出品/更新」を行っていただくことで、在庫数が各モールに反映されます。

商品点数が多い場合は、CSVにて一括登録していただくことも可能です。

まず、絞り込み条件で「発送」部分を「自己発送」のみにチェックを入れていただき、
「適用」をクリックして、自己発送商品のみをソートしてください。
次に商品管理画面右上の「CSV・画像一括編集」⇒「CSV一括編集」⇒ダウンロードに
お進みいただきまして、
 ・管理ID
 ・商品名
 ・Yahoo:出品時在庫数
 ・楽天:出品時在庫数
 ・auPAY:出品時在庫数
の各項目にチェックを入れて、ダウンロードしてください。
契約モールによって表示は異なります。
※あまり多くの項目にチェックを入れますと、ダウンロードにもアップロードにも
 時間がかかりますのでご注意ください。


ダウンロードされてCSVファイルの在庫数に、それぞれ必要とする数値を入力後、
アップロードしてください。

次に、設定⇒各種モール設定⇒その他設定⇒専売用商品モール間在庫連動へ
お進みいただきまして、「有効」にチェックを入れていただきまして、
「この内容で更新」を行ってください。

これで、どのモールで販売があった場合でも、出品中の全モールの在庫数が
連動するようになります。

タイトルとURLをコピーしました