ブラックワード・行削除ワードの設定

ブラックワード・行削除ワードの登録

こちらは登録が必須ではありませんが、商品取得作業をスムーズに行うにあたり各ワードの登録をしておくことで不用意なミスやエラーを防ぐことができます。

ブラックワードとは?

ブラックワードに登録した文字列がいずれかの個所に含まれる場合、その商品は情報を取得する際に取り込まれなくなります。

例)
・メイン商品名
・商品名
・説明文
・コンディション説明
・仕様文言

上記のどこかに登録したブラックワードが含まれる場合、
商品を取得しない仕様となります。

行削除キーワードとは?

行削除キーワードに登録した文字列を含む商品情報がある場合、
商品情報は取得されますが、該当する行(区切り)が自動で削除されます。

登録時、改行するか「。」でワードの区切りと見なされます。
また、行削除キーワードの直後に全角または半角スペースがある場合、
その行の先頭から行削除ワードまでが削除されます。

設定方法

まずは、クロスマ管理画面から
赤枠の【ツール設定】にマウスを持って行きますと
プルダウンメニューに「ブラックワード設定」
が出てきますのでそちらをクリックします。

画面が切り替わり、
ブラックワード・行削除ワードの設定画面となります。

Yahoo設定と楽天設定、auPAY設定があり、それぞれモール別にブラックワード・行削除ワードの設定が可能です。

任意でワードを設定し、【この内容で更新】をクリックすると設定は完了します。

タイトルとURLをコピーしました