専売用商品について

このページでは、専売用商品の商品情報取得、出品方法、注文管理の確認・作業についてご説明いたします。

専売用商品とは

専売用商品とは、ご自身のAmazonアカウントでは取り扱いがないけれど、
ASINを使用してAmazonから情報を取得することで、各モールにて販売
することが可能な商品のことを指します。

注意!!
◆直ちに出荷できない商品(予約商品や未入荷の商品)について◆
入荷時期を大幅にずらしてAmazonにご出品されている商品や、
予約商品、未入荷の商品を、Amazonと各モールで併売する形ではなく、
必ず専売用商品としてご出品くださいませ。

専売用商品の情報取得

専売用商品の情報取得にはASIN情報を使用します。
CSVを使用していただくことで、一括登録していただくことも可能です。

バリエーションについては、別途バリエーション商品のページをご確認くださいませ。
バリエーションの詳細についてはこちら⇒

専売用商品の編集

情報取得した専売用商品をそれぞれ確認していただきまして、商品説明文や画像に変更が必要な場合は、
適宜変更を行ってください。
また、専売用商品は「固定価格」「固定在庫」をご入力ください。
取得した情報によっては、最初から価格と在庫が設定されている場合も
ございますが、ご自身の販売予定の価格、販売する在庫数をご入力いただき、
ご出品くださいますようお願いいたします。

商品の価格、在庫の設定方法

各モール毎に設定することが可能です。(モールタブで切り替え可能です)
固定設定価格、固定設定在庫をご入力ください。

専売用商品の場合は、価格連動・在庫連動を行うAmazonアカウントがございませんので、
Amazonとの連動は行いませんが、ご出品いただいたモール間では在庫連動を行うことが可能です。
「設定」⇒「各種モール設定」⇒「その他設定」へとお進みいただきまして、
「専売用商品モール間在庫連動」を「有効」に変更していただくことで、
出品モールのどこで販売があっても、全モールの在庫連動を行います。

商品説明文の変更箇所

該当商品の「その他詳細を開く」をクリックしていただきまして、
Yahoo ⇒ 説明文(HTML)、説明文(PC・スマホ共通)
楽天 ⇒ 楽天PC商品説明文、楽天スマホ商品説明文、楽天PC用販売説明文
auPAY ⇒ 商品説明(共通)、SP用商品説明、PC用商品説明
の各箇所を変更してください。
変更後は「編集内容保存」を行ってください。

モールを選択する場合は、上部のタブで切り替えてください。

Yahooの商品説明文変更箇所

楽天の商品説明文変更箇所

auPAY(旧Wowma)の商品説明文変更箇所

商品画像の変更

画像バリエーション欄にございます「画像」をクリックしていただきまして、
必要に応じて加工して頂いたり、画像の差し替え、追加を行ってください。
変更完了後は、「編集内容保存」を行ってください。

※中古商品の場合は、画像情報を取得いたしません。

カテゴリの編集

Yahooは商品情報取得時に店舗内カテゴリが自動で割り振られますが、
楽天の場合は全て「その他」カテゴリへ、auPAYの場合は「未選択」と
なります。

そのため、楽天・auPAYで店舗内カテゴリを設定される場合は、
それぞれご自身で変更を行ってください。

楽天の店舗内カテゴリー設定方法

該当商品の楽天タブをクリック後「その他詳細を開く」をクリックしてください。

詳細表示の「カテゴリー」をクリックしていただきますと、楽天RMSに設定されている
店舗内カテゴリの一覧が表示されますので、その中から該当するカテゴリを選択していただき、
「編集内容保存」を行ってください。

※楽天店舗内カテゴリの注意点
クロスマ内の「カテゴリ設定」から新しいカテゴリを設定していただいた場合、
ストア側の表示を変更しない限り、ストア上に新しいカテゴリは表示されません。
ご注意くださいませ。

auPAYの店舗内カテゴリ設定方法

auPAYの場合、まず店舗内カテゴリを登録する必要がございます。
クロスマ商品管理画面より、「設定」⇒「各種モール設定」⇒「店舗内カテゴリ」へ
お進みいただきまして、「auPAY(旧Wowmaタブ」をクリックして「入力欄を追加+」
の+部分をクリックしていただき、カテゴリをご登録ください。

カテゴリの登録が完了されましたら、該当商品のauPAY(旧Wowma)タブをクリック「その他詳細を開く」をクリックしてください。

店舗内カテゴリ欄をクリックしていただくと、auPAYに設定できる店舗内カテゴリの一覧が表示されますので、
その中から該当するカテゴリを選択していただき、「編集内容保存」を行ってください。

エラーの修正について

情報取得した商品にはエラーが出ている場合がございます。
その場合は、エラー内容に合わせて修正を行ってください。

代表的なエラー内容

■固定価格、固定在庫が反映されていない場合

該当モールは赤文字「!」が表示されています。また該当箇所が赤くなっていますので、
固定価格、固定在庫数をご入力ください。入力後は「編集内容保存」を行ってください。

■商品名がない、商品名が長すぎるなどの場合

Amazon側のAPI保存に問題があった場合、商品名が空欄となる場合がございます。
その場合は商品名部分をクリックして、入力してください。
また商品名が長すぎてもエラーとなります。全角75文字を目安に修正してください。
それぞれ完了されましたら、「編集内容保存」を行ってください。

■バリエーション項目・値にエラーがある場合

Amazonでバリエーション登録されている商品の情報を取得した場合、クロスマ側にも
バリエーション情報が取得されます。
こちらにエラーがある場合は赤文字で表示されますので、「項目設定を開く」を
クリックしていただきまして、各内容を修正してください。

エラー内容で多いものは、「半角スペースが入っている」「機種依存文字が使用されている」
「文字数が多すぎる」です。該当しそうな内容を修正していただき、編集内容保存」を行ってください。
(マウスをのせていただくことで、エラー内容が表示されます)

専売用商品の出品

商品の編集が完了しましたら、出品作業を行ってください。
「□全選択」をクリックしていただきまして、「出品/更新」をクリックしていただくことで、
各モールへの出品作業が始まります。
1ページ目の出品が完了されましたら、2ページ目、3ページ目と同様に行ってください。

出品時にエラーがあり出品できなかった場合は、下図黒帯部分に「詳細」ボタンが表示されます。

こちらをクリックしていただくことでエラー内容をご確認いただけますので、
ご修正頂きましたら、再度ご出品をお試しくださいませ。

専売用商品の注文管理

各モールで販売された商品は、「注文管理」画面に受注データとして取り込まれます。
入金完了が確認されましたら「受注案内メール」は自動的にクロスマが送信します。
※代引きをご設定の場合は、入金完了前に送信されます

専売用商品は基本的に自己発送となりますので(自動的FBAマルチチャネル依頼は行われません)、
「注文データダウンロード」をクリックして、データを抽出してください。

注文日は当日がデフォルトで入っていますが、任意で変更可能です。
「発注区分:自己発送」にチェックを入れて「検索」をクリックすることで、
自己発送の受注データのみを表示可能です。

CSVダウンロード項目設定をクリックしていただくことで、CSVデータの表示順を
変更することが可能です。
こちらを利用して、各配送業者のデータに合わせて出力してください。

商品の発送が完了されましたら、「発送完了メール」を手動で送信して
いただく必要があります。
「発送完了メール一括送信」をクリックしていただくことで、発送完了メール送信待ち一覧画面に
移動しますので、こちらの画面で
・出荷日
・配達予定日
・伝票番号
・配達業者
をご入力ください。

この際、定形外郵便など伝票番号の入力ができないものは「定形外郵便」とご入力下さい。
※未入力の場合、モール側のステータスが「発送完了」になりません。ご注意ください。

各配送業者宛に出荷された場合、CSVアップロードで一括アップロードを
行っていただくことも可能です。

発送完了メールを送信されませんと、連動してモール側が「完了」になりませんので、
必ず発送完了メールを送信してください。

モール側でステータスを「完了」に変更された場合は、各注文データの「詳細」ボタンを
クリックしていただき、詳細画面で少しお待ちいただくことでクロスマが連動して、
現在の状況確認を行い、モール側ステータスと合わせるかどうか確認してきますので、
「完了」するようにしてください。


タイトルとURLをコピーしました